自分だけの運命を予測するおすすめの占い

占い好きでなくとも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?四柱推命と言う言葉を。
四柱推命は占い師に占ってもらう占いの中でもかなりの詳しさで人気もかなりありますが、その占いの方法にはたくさんの知識と経験が必要であることから誰にでも出来るものではない占いの1つです。

四柱推命の歴史

四柱推命とははるか昔の中国で生まれた過去・現在・未来を予測する運命学のひとつです。
陰陽五行説と言うきっちりした学術をもとに人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質などを理解したうえでその人の努力や経験で変わっていく後の運命まで的確に予測することが出来ます。
しかし、中国の書見には四柱推命と言う呼称は見当たらず、この呼び名は日本独自のものであると言われています。

陰陽五行説とは?

陰陽説と五行説とを合わせ、陰陽五行説と呼ばれています。
陰陽五行は10個に分類され十干と同じ意味を持っています。
地球上の神羅万象を五つの要素で分類されたものを陰と陽に分けて10に分類するのが5行説、森羅万象を二つの要素に分類したものが陰陽説で受動的な状態を隠、能動的な状態を陽と分類します。

どんなことを占うことが出来ますか?

基本的な事としては、運命に基づく現在の運勢と未来の予測が一番多い相談でしょう。
社会においての今現在の自分の運勢や家庭運、恋愛に関してのことなど対人関係のことに関して詳しく鑑定することが出来ます。
対人関係で悩んでいるときには四柱推命に自分と相手の生まれ星などを当てはめて相性などを鑑定してもらうことでその人との付き合い方などを気を付けたりすることも出来るようになるのです。
家庭内の悩みと言うと反抗期の子供とのかかわり方などでしょうが、わが子でも理解しがたい問題に差し掛かることは良くある話です、その悩みにも人と人との関係上紐解いていけば何かしらの打開策が浮かんでくるかと思います。

その昔から、人の運命を学術的に紐解き占うことでその人の運命に基づく先の行動などを注意したり指し示したりする役割を持っていた四柱推命は多大なデータの解釈によって成り立っています。
その大量のデータを処理する能力を持っていた占い師はその昔、かなりの権力者からも信用を勝ち得ていたと考えられますね。
四柱推命で自分だけの運命に基づいた未来を予見してもらうことで、これからどうすればいいのかと悩むこともなくなるかもしれませんし、トラブルになった時にもそろそろトラブルの予感と言うのが分かっていれば少なくとも慌てず対処することが出来るでしょう。